外国人の生活臭を消臭す空室対策

臭いには色々とお国柄があるようです。
ある国の人達にとって良い臭いが日本人にとって良いとは限らないし、日本人にとって良い臭いが外国人にとって良いとも限りません。

例えば体臭にしても、日本人は無臭が良いと感じるケースが多いと思いますが、外国人にとっては臭いも個性のうちで臭がするのを良しと思ってる方もいらっしゃいます。

さらに、臭いに関して言えば食べ物の嗜好の違いや生活習慣の違いの結果様々な臭いでをもたらすことがあります。
その結果としてお部屋の臭いもその一つです。

時々大家さんや不動産会社から外国人の退去の後室内に臭いが残ってなかなか消えないという連絡があります。

しっかりハウスクリーニングしたり、壁も洗剤で拭きあげたけど臭いが消えない。
その結果、新しい入居者が部屋を内覧に来るけれども臭いが原因で決まらないということが続いたりします。

とりあえず、この臭いを消さなければどうにもならないのでなんとかしてほしいという依頼になるわけです。

それほどすごい異臭では無いけども、部屋に入った瞬間は好ましくない臭いと感じてしまうわけで、しばらく居ると臭いを感じなくはなるのです。
それでも、最初の臭いの印象によって入居の契約には至らない結果になってしまうわけで大家さんにとっては死活問題になったりするわけです。

こうなってしまったら、本格定期に消臭するしか無いわけで、オゾンと光触媒のコーティングを行うときっと臭いは気にならないレベルになりそれを維持できるものと思います。

生活臭やタバコの臭いでお悩みの入居付を急ぎたい大家さんや管理会社さんにはお勧めです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ