事務所の嫌な臭いを消したい!

事務所の嫌な臭いを消したいという相談がここのところたくさん来ています。

その多くはエアコンを付けることになったのでその影響でタバコやカビの臭いがエアコン内部に残っていることによる場合が多いからでしょう。

最近、事務所の中は禁煙の会社が増えておりかなりのウエイトを占めるようになっています。
喫煙者は会社で喫煙コーナーを準備してくれていればありがたいですがそうでなければ、ビルの外や近所のコンビニの前でタバコを吸わなければならずに大変な状況のようです。

つい先日までタバコを室内で吸っていた事務所が、タバコを室内で吸うのを禁止にしたからといってすぐに部屋の臭いが消えてくれるということはありません。
どれくらいの期間煙草が室内で吸われていたかにもよりますが、壁や壁クロスなどに臭いが染み込んでいるので臭いを自然に消すのは簡単なことではありません。

そうした時に真っ先に選択するのはエアコンの分解洗浄です!フィルターだけではなく中の熱交換器部分にタバコヤニやカビが付いているのでここをキレイにするとかなり改善が図れます。
それ以上の消臭をしようと思えば壁や天井のクロスを何とかするしか他ありません。
タバコなどの臭いはクロスの表面に染み付いているわけでこれを何とかしなければなりません。
さらに、臭いはクロスの表面だけに留まるのではなくその下のコンクリーの中まで入り込むのでより完璧に近いものを求めるのであれば、クロスを剥がしてコンクリートむき出しの状態にしてオゾンや光触媒の施工をしなければならないものと思います。
そこまで、いくと退去時の原状回復工事のようになるのでそう簡単にはできません。

通常事務所を利用しながらというのであれば、クロスを剥がすことなくその表面からオゾン消臭と光触媒などを施工するとまあまあ臭いを感じないレベルには消臭が可能と思われるのでリフレッシュという感じでは十分なのではと思います。

少し予算はかかってしまいますが、事務所の臭いをリフレッシュというのも仕事の効率という点からご検討もありかも知れません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ