クロスを張替えて入居した女の子の部屋が臭いプンプン!

これは気の毒な話の例です。

小綺麗なRCの1Kマンションの一室。

外観をみてると白い綺麗な比較的新しいマンションで若い女性にはなかなかお似合いの物件です。

ところが、玄関を開けると何と何だか変な臭が・・・・
開けた瞬間に「モワッ!」なんだろう、タバコのようなカビのような?

キッチンを通り、部屋に入ると若い女性の部屋らしく可愛くまとまっているものの今度は玄関を開た瞬間の異様な臭いに加えて芳香系の良い臭いを混じってこれまた不思議な臭いがしていました。

今回の依頼は入居後のクレームの処理依頼です。

前入居者がヘビースモーカーでキッチンまわりをきちんとしていなかった関係でカビも発生していたらしくいのです。
その部屋をキレイにクロスを張り変えるという条件で入居したようです。

確かに約束通りクロスは白くキレイに張り替えられています。
ですが、臭いは取りきれずにタバコやカビの臭いがしております。

そうなんです、タバコの臭いはクロスの下まで、特にひどい時はコンセントの穴から建物の隙間全体にまで広がることが有りクロスを張り替えただけで消えるような簡単なものではありません。

また、カビも同様で、クロスの表面の場合もあるし、クロスの下に発生する場合もあります。
カビの場合はその他に漏水そのたで水を溢れさせたり大量にこぼしたりした場合にそこに発生する事があり、この場合はその処理をしないとちょっとやっかいです。

そんな状況ですっかり綺麗になって臭いもしないと思って入居したら、臭いプンプンで室内にいても落ち着かないし気分が悪くなる始末だったようです。

それで、管理会社にクレームを入れて嫌な臭いを消して欲しいということで当社に依頼が来ました。

消臭をするには一番良いのがクロスを剥がした状態で躯体に臭いが残っていればその処置をするのが一番です。

ですが、今回はそれができないので、クロス表面付近の処理をするのとクロスに光触媒をコーティングしてクロスの下から湧き上がってくる臭いを消す力に期待することになります。

光触媒の消臭力はそれだけで臭いをどんどん消すほどのものではないので、発生してくる臭いの量によってはパワー不足になる可能性もあります。

とりあえず、今回はすでに荷物が入っているので荷物を寄せながらオゾン燻蒸と光触媒のコーティングを進めました。

その結果、とりあえずは臭いは気にならくははりましたが、クロスの下がわからないので今後は少し経過を見ていただくことになります。

もしも、キレイにクロスを張替えてもらって入居したのに臭いが気になる方は一度管理会社に相談してみるのも良いかもしれません。
かならず、対応していただけるとは限らないですが対応してもらえるケースもあるようです。

せっかく引っ越した新居が臭いでリラックスできないのではたまったものではありません。
是非粘り強く交渉してみましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ