タワーマンションがペット臭でなかなか売れない!

先日某タワーマンションに消臭のご相談でおじゃましてきました。

都内中央の入り口を入るとフロントがある高級タワーマンションです。

普通にであれば地下鉄1分のタワーマンションなのでかなりの強気でもすぐに買い手がつくところです。
なのですが、実はちょっと問題があるのです。

ペット臭がプンプンであまりきちんと管理してなくて、放し飼いの好き放題させていたわけです。
家具類もたくさん噛んだ跡があり近年稀に見る状態です。
おトイレは何とベランダでさせていたというから驚きです。
もちろんきちんと処理されているはずもなく、お隣にも臭いが行っているでしょうから気の毒・・・

さらに、寝室ではご主人の部屋はタバコを吸っているようでタバコ臭がしっかりと染み付いています。
また、和室では仏壇が有り、ご先祖を供養するのは良いことなのですが、線香の匂いが染み付いており、そうした習慣のない方にとって違和感を覚えるかもしれません。

こうなってしまうと、折角の立派な物件でもマイナスの評価をつけられることが少なくありません。
希望の売却金額に対して5%とか時には10%の値引を申し入れてくるものと思います。

実際にこのような状態を見せられると、床張替えクロス交換に消臭除菌と考えるの買い手からしたら100万超の予算をイメージしてもしかたのないことです。

何せ高級TOWERですから仮に6000万として5%セントなら300万、10%なら600万の値下げ交渉なのです。

人々の暮らしが豊かになり、その上禁煙社会が広がった現代では、汚れを無くすだけでなく、臭いも無くすことが現状回復だと認識を改める必要があります。

売買も賃貸も汚れと臭いをとってこそ建物本来の価値だということです。
汚れや臭いは原状回復する予算の分マイナスに評価されるとうことをきちんと認識しておく事が重要です。

本来売れないはずのない物件が売れないとか賃貸に出しても成約しないという方は臭いの存在を考えてみることをおすすめします。

ペット臭物件のイヌのいたずら

サブコンテンツ

このページの先頭へ