消臭後に賃貸物件の内覧予定がぞくぞく入ってるようです

この時期、クロス張替え時の消臭依頼が結構入って来ています。

工務店さんや管理会社からの依頼で工事日程に合わせて消臭作業をしています。

先週した作業ではタバコを6年半トイレで吸っていて玄関を開た瞬間にクロスを剥がしたのにもかかわらずタバコ臭がプンプン。
そのまクロスを張替えてもとてもニオイは消えないということで、タバコ臭を消して欲しいという依頼が入りました。
また、別の物件では2LDKファミリータイプの賃貸マンションなのですが、お香なのか香水なのかわからないが甘い香りがプンプンでとても次の方を案内できるような状態ではないということでこのニオイを何とか消して欲しいという依頼。
シェアハウスで外国人が入居していたのですが、室内でタバコは禁止なのにタバコを吸っていたのと、外国人特有の生活臭がするということでの消臭の依頼。
そこで、それぞれの物件ごとに適切な消臭剤やオゾン燻蒸、光触媒のコーティングで、クロスを普通に張れるような状態になりました。

いずれの、担当者からもこれですぐに入居者を案内できるとの回答を頂いております。
クロス張上げ後の内覧の予定があるので。早急にコーティング実施の依頼が来たりという感じです。

入退去の多いこの時期を逃すとすこし間が開いてしまう可能性もあるので、当社でもできる限り間に合うように対応しております。

クロスを剥がしてもニオイが残っているようならば、すぐに消臭処理してしまう方が結果的にすぐに入居者が決まり採算的にもよいことが多いようですので、悩むようならばご相談頂ければと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ