入居後のタバコ臭の臭い消し

賃貸マンションを契約して、引越した後タバコの臭いが気になるという話をよく聞きます。

臭いのことを入居後に大家さんや管理会社に行ってもほとんどが取り合ってもらえないのが実情です。

まれに、対応してくれる大家さんがいたとすれば、出て行かれたら次が決まりにくい大家さんくらいです。

なので、ほとんどの方は、荷物が入ったあとは、どうしようもないと諦めてしまっているようです。

話を聞いてみると、内覧の時にまだクロスを張り替えてない汚いタバコの臭いがする状態を見て、入居までにはきれいにクロスを張り替えてそう掃除もするから大丈夫と言われた方が多いようです。

クロス屋さんは大家さんや不動産管理会社に、タバコの臭いはクロスを張替えてもすっかり消えずに残ることがあるということをきちんと伝える方もいますがそうでない業者もいるわけです。

これは、かならずしも悪意があって伝えないという訳ではなく、タバコを吸う方であればクロスを張替えた後のタバコの臭いのレベルでは気にならないケースが多いのです。

つまり、タバコのに臭いの感じ方はかなり個人差があり、全然気にならないレベルでもタバコを全く吸わない方に取っては頭痛がするというケースもあったりします。

会社が禁煙のオフィスで自宅がタバコの臭いがしたのではやりきれないとう方が実は意外に多いのです。

じゃあ引越がすんで家具が入った状態でどうするのか?

当社の通常最もお勧めする方法は、

  • クロスを張り終わった所でさらに多少戻ってくる臭いに対応して光触媒などをコーティングする。
  • クロスを剥がした状態で消臭剤やオゾンガスで一度タバコ消臭の処理をする。
  • それでも臭いが出てくるようならオゾンガスの燻蒸を追加する

ですが、残念ながら今回はクロスを剥がした状態で下地やコンクリートに直接消臭施行をする事はできません。

しかし、それ以外方法がないわけではありません。

クロスを張った後の状態で作業をする事ができるのです。

この状態は、臭いの原因物質はクロスの下に閉じ込めた状態ということになります。

なのでまず、荷物を移動して壁や天井に施行が可能な状態にしていただく必要があります。

1・特殊な消臭剤をます壁や天井に噴霧します。
2・オゾン燻蒸でクロス表面や近い部分の瞬間消臭を行います。
3・無光触媒のコーティングで沸き戻ってくる臭いを閉じ込め、仮に出てきても消臭してくれます。

このメソッドを実行するとほぼ気にならない位には持って行けているというのが実態です。

オゾンも無光触媒も食品でも使える位の安全レベルなのでこのような対応ができるわけです。

少し予算が必要ではありますが、家でリラックス出来るということはかけがえのないことなので、悩んでいる方は一度検討してみる価値があるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ