喫煙ルームの原状回復工事

工務店さんから見積依頼があり、現地調査に行ってきました。

今回は10数年使っている喫煙ルームの現状回復清掃に伴うタバコ臭の消臭です。

現地確認してびっくりで部屋はヤニだらけのまっ茶に壁も天井も染まっています。

換気扇はゴミとヤニが固まっており、火災報知器のセンサーなども茶色に染み付いています。

毎日とんでもないくらいの量のたばこがこの部屋で吸われていたのでしょう。

肺の中もこんな状態になっているのかと思うとぞっとしてしまいます。

現地確認せいて、私は工務店の担当者に完全に臭いがしなくなるようにするのは無理です!
若干と臭いが残ってしまいますと申し上げました。

クロスや天井は剥がしてその状態でオゾンや光触媒などを施行するとまず問題ないレベルにまで臭いをなくする事が可能なのですが、今回は排気口のダクトの中もヤニと汚れで真っ黒になっている状態です。

当社ではダクトの中まで対応しておらず、あくまでも壁クロスや天井などへの消臭工事に限定していますので、ダクトの中の臭いが室内に再度流入してくるようだと少し臭いが残ってしまいます。

まあ元の状態に比べると雲泥の差ではありますが、多少は臭いが残る事を承知して頂かなければなりません。

今回は、天井は張替えない予定なので、おそらくコーティングしても臭いの原因物質が残ったままなので、そちらの点からも今回の現場は多少の臭いが残ることを承知の上での作業になってしまいます。

いずれにしても、出来るだけ気にならないくらいに消臭でいるように頑張ってみたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ