タバコ臭が原因で契約が決まらない賃貸物件

賃貸物件の契約するポイントは立地・価格・物件の設備や間取りなどなどあると思います。

これに加えて最近では綺麗さだけでなく、臭いがしないということがとても大きな条件の一つになってきています。

時々、マンションオーナーさんからの相談で、内覧には来るのになかなか契約には至らないので一度見に来て欲しいという依頼がきます。

実際に現地に行ってみると、クロスは張り替えて綺麗ににっているのがほとんどです。

もしも、マンションオーナーさんがタバコを吸う方であればそれほど臭いは気にならないかもしれません。

ですが、最近では会社やお店・公共の施設でもほとんどタバコを吸えないところが多く、タバコを吸わない方が多くなってきています。

つまり、タバコの臭いがしないことに体が慣れてしまっているので、少しでもタバコの臭いがすると拒否反応を起こしてしまいます。

なので、内覧に来ても玄関を開けた段階で中からタバコの臭いがすると、もうそれだけで規約をする気は失せてしまうのです。

以前はタバコの臭いがしてもクロスを張り替えて綺麗にすると、問題なく契約してもらえたと思うんですが、今はそんなことはありません。

なぜなら、以前は自分がタバコを吸わないにしても、タバコの臭いがする空間が多く存在していたので多少の臭いには鈍感になっていたのだと思います。

実際のところはクロスを張り替えても臭いが完全に消えるわけではなく、元のタバコの臭いの何分の1かに、タバコの臭いは減少しますが多少の臭いが残ってしまうものなのです。

この多少の残ったタバコ臭を許せるかどうか?これを許せないお客様が激増しているというのが実態なのです。

ではどうやってこの問題を解決するのか?

クロスを張り替えてしまっているので、もう一度剥がして処理するわけにはいかないので、クロスをそのままで消臭の施工をすることになります。

当社の消臭施工は

①消臭剤(オゾン反応促進剤)の噴霧

②オゾン燻蒸

③無光触媒のコーティング

という施工方法です。

これのどこがすごいのか?

何と言っても、①②でガッツリと臭いを低下させ(ほぼ無臭)さらに、奥から浮いてくる微妙なタバコの臭いを③で消す(低下させる)ところになります。

確かにちょっと予算はしますが、それにより入居契約が決まることが多いのであれば、考えていただくのも良いと思います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ