クロスを張替えても消えない臭いにはこの3ステップ

玄関を開けたら何となくカビ臭がということありませんか?

それと同時に、部屋に染み付いたタバコの臭いを何とかしたい!

そんなWの悩みのご相談でした。

親族の所有するマンションで暮らしていて今回退去したのですが、どうしても臭いが気になる。

特に、玄関を開けた瞬間にカビ臭とタバコ臭の混じった臭い、そしてタバコを吸っていた部屋は壁がヤニだらけでまっ茶になって臭いも半端では有りませんでした。

こうした時に、他人であれば敷金から掃除代金とヤニ部屋の壁紙の張替え代金を差し引いてもらっておしまいという感じかと思います。

ところが、親族であれば逆に気を使います。

特に、その親族が臭いに敏感な方であれば尚更です。

クロス屋さんに聞いた所「張替えても臭いは無理でしょう」という回答で困ったあげくの相談でした。

当社ではタバコ臭の消臭は多くの実績が有り、結果はかなり良いと思っています。

環境により、必ずしも完全に消える例ばかりではありませんが、普通に暮らすには支障のないレベルには回復ができております。

メインはオゾンによる消臭ですがそれだけでは必ずしもうまく行かない場合が有ります。

それで、当社では少なくても3つの工程で行っています。

まず、原因物質を取り除くのですが、こちらはお客様の方でしていただきます。

当社がするのであれば消臭とは別の作業になります。

今回の例で言えばヤニ部屋のクロス張替えです。クロスにヤニがあるのでは消臭してもまた臭いが浮いてくる可能性があります。

当方で行う第一工程はまず、特殊な消臭剤を噴霧します。これは吸着型で化学反応系の消臭剤です。クロスの中に染込んだものを吸い出し化学反応で臭いを消すのですが、それに加えてオゾンの反応促進剤としての位置づけです。

第二工程はオゾン発生器により大量のオゾンで室内を燻蒸します。これによりオゾンの強力な酸化作用により瞬間消臭が可能です。

オゾンを発生させている間は全員室外に退避する事になります。

この工程を終わると、室内はオゾンの臭いだけでタバコの臭いは全くしません。

窓を開けてオゾンを室外に出したら部屋の中は何も臭いのしない状況になります。

なのですが、タバコの場合これで安心は出来ません。

なぜなら、クロス下地まで臭いが浸透しているので、クロスを張替えたとしても下地からじわじわとその後も微妙に臭いが湧き出てくる事があるからです。

普通の業者さんはこれでおしまいのケースがほとんどですが当社では第三ステップが有ります。

それは、オキシアップという無光触媒のコーティングです。

これにより、微かに湧き出てくる臭いを消臭するためなのです。

簡単に言えばオゾンはものすごい消臭力で習慣消臭を行います。しかし、オゾンを室外に放出したあとは新たに臭いに対して消臭する力が有りません。

発生するとは限りませんが、微妙に発生するかもしれない臭いに対してしっかり準備しておく事で長期にわたっての良い状態の維持が可能になる訳です。

今回のケースもこの工程で行っていますので、ほぼ臭いがしない状態で終了する事が出来ました。

お客様もびっくりの大満足で、クロス屋さんは無理と言ってたのにと驚きでした。

タバコは原状回復にはコストを要するので、吸わなくてすむならそうしたいものですね。

 

タバコ消臭の機材

タバコ消臭の機材

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ