臭覚過敏症の方からの消臭依頼

時々臭覚過敏症あるいはそれらしき症状のある方からの仕事の依頼が来ます。

臭覚の異常にはいくつかの種類があるようです。

①臭いが全くわからなくなるもの
②臭いをかぐ力が弱くなるもの
③臭いにものすごく敏感になる
④良い臭いも嫌な臭いも悪臭にしか感じないもの
⑤臭いがしないのに臭がすると感じるもの

などいくつかに分かれるようですが、いずれにしても困った症状なわけです。
臭いは命を守るのに重要な役割をしており、危険な臭いを臭覚のおかげで助かっていることは少なくありません。

当社に問い合わせが来る場合な③〜⑤あたりの方になるわけです。

臭いの種類はタバコの臭いだったり、カビの臭いだったり、ペットの臭いだったり隣の家の臭いだったりさまざまです。

特に多いのがカビの臭がするというパターンが経験上多いような気がします。

実際に、現場についてみると、どの臭いもしないかあるいはしても、私自身ではそれほど気にならない程度のレベルです。
しかし、お客さまにとってはとても大変なことで、頭痛や吐き気、眠れないなどなどいろんな症状が出てくるようです。

これらの症状は精神的なところから来ているものもあるので、こうした場合は臭いに関する説明やこれから行おうとする作業について詳しく説明して納得していただけるようにします。

というのも、作業担当する自分自身がお客様の苦しみを感じて上げられないので、効果があったのかなかったのかと言われても、当初に臭いがしていたものを除いてそれほど感じることができないのです。

実際に行う作業は以下のものが中心です。

①臭いの原因物質に合わせた消臭剤の噴霧。カビ系やタバコ、ペット系とか芳香剤系などなど
②オゾンによる瞬感消臭と除菌。
③光触媒(光を必要としないものもあります)を使ってのコーティング作業で素材の奥からの匂いの戻りをブロック

当社の消臭作業は市販の消臭剤を使うようなものではなく、かなり高価な薬剤を使ったり、ハイパワーのオゾン発生器をつかうのでその信頼性は高いと自負しております。

それ用に研究開発されて特許取得しているものも使っております。

なので、研究室でデータをとるとしっかり裏付けができるはずなのですが、それが冒頭ののような症状をお持ちの方にどれほどの効果があるか?

とりあえず、今のところ殆どの方に改善したと言っていただけているのですが、残念ながら私自身には効果の判断がつかないこともあったりします。

でも、一番重要なのは、お客様がネットなどで情報を調べて依頼してるわけなのできっちりと説明して納得いただいたうえで丁寧に作業することだと思うので、そのように心がけたいと思います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ