空室が埋まらない大家さんはタバコやペットの臭いの点検を

単身世帯の入退去のピークがもうすぐ始まります。

もうすぐ始まるということは、そろそろ内覧が始まっているということでもあります。

しばらく前に、入居者が退去して原状回復したのにその後入居が決まらずに今まで来ている大家さん、何か思い当たることはありませんか?

管理会社に任せすぎないでもし可能なのであれば、一度自分自身で何か問題がないか点検してみてはいかがでしょうか?

一般的に入居を決める要素は

  • 相場家賃
  • 築年数
  • 駅までの距離
  • 近隣の生活閑居
  • 物件の設備

なおどなどと言われていますが、特に問題がないのに入居が決まらないという場合、昨今はタバコをはじめとした臭いが室内に残っていないか確認をおすすめします。

特に近年はタバコを吸わない方が増え、会社でもタバコを吸えないところが多くなりタバコの臭いのしない生活になれた方が多くなっています。

また、消臭剤の進歩も有り簡単に「しゅっ」とひとふきで臭いを消すという生活に慣れてきている方が増えています。

つまり気になる臭いはガマンしないというのが普通になってきているわけです。

そんな時に、引越の内覧をした部屋が前居住者がタバコを吸う方でキレイに掃除されたにもかかわらずにタバコの臭いがしたら?

あるいは大家さんに内緒でペットを飼っていて動物臭がしていたら?

その他にもカビ・生活臭などなど何らか嫌な臭いが残っていたとしたら、おそらく入居が決まる確率はガクッと下がります。

そうはいうものの臭いはやっかいなもので嫌な臭いという基準が確立されていなくて、個人差によるところが多くなっているます。

なので、不動産管理会社や工務店その他点検をされる方が臭いにそれほど敏感でなければ何も感じないので、少し敏感な方にとっては住めないという事にもなりまねません。

タバコのヤニで汚れた部屋のクロスを張替えても、かなりの確率でタバコの臭いが残っていて気になる方にとっては契約したくないくらいの臭いです。

状況に合わせて、クロスの張替えや洗浄と消臭などを組み合わせて、できるだけ臭いのない室内にすることも重要です。

入退去のピークの時期を逃すとしばらくまた空室の状況が続くとも限りません、是非今一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

tabaco_m

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ